カテゴリ:登山( 3 )

剣山登山

徳島県の剣山へ行って来ました。随分前から予定していて楽しみにしていた登山でした。天気予報は全国的に晴れの良いお天気。毎回お弁当を手作りしていたのですが今回は途中のコンビニデ調達するつもりでオヤツのみ持参でした。登山も3回目なのですっかり手馴れたものでリュックに必要な物を詰めて(勿論主人のリュックに)準備万端整い7:30出発しました。
松山道の新居浜ICから徳島道の美馬ICまで。その後は国道438号をひた走り剣山目指しました。山道に入って、あっ!大変!!!お弁当を買い忘れた!リュックにはオヤツのビスケット、キャンディー、ついでに入れてあった饅頭、朝ごはん用のパンが少々。これだけあれば何とかなるでしょうが(ーー;)・・・。こんな山道にはコンビにはきっと無いでしょう・・・と諦めていたら何と「・・・らしきお店」があったのです。そこでおにぎり弁当を仕入れて再び出発です。ほっ!!

駐車場に到着して身づくろい完了。今回は帰りは自力で下山するとして、まずはリフトで途中まで上がりました。リフトを降りて10:40に出発です。頂上到着は12:20。剣山から二の森、一の森へ。途中写真を写したりオヤツ休憩したりで予定より1時間ほど時間がかかりましたが無事16:30下山しました。あれほど平地ではお天気が良くて暑いくらいだったのが山を甘く見ていて何と寒かったことか。強風に濃霧、日頃の行いには自信があったのですが・・・。半そでのTシャツに長袖の薄いシャツ、それでも風除けのヤッケがあったので何とか過ごせましたが・・・。お勉強になりました。

花の写真は(ーー;)・・・強風の為全滅。全てがピンボケでした。

(a)オタカラコウ
もう殆んど花が終っていました
f0005733_2252131.jpg

(b)アキチョウジ
山道に入ると道沿いに群生しています
とっても可愛い花です
f0005733_2252992.jpg

(c)リンドウ
登山道の陽の良く当たる場所の
至る所に咲いています
f0005733_2253570.jpg

(d)リンドウ
f0005733_2254287.jpg

(e)シロヨメナ
山道沿いに車で走ると目に入る白い花は
殆んどがこの花です
f0005733_2254840.jpg

(f)シロヨメナ
f0005733_2255569.jpg

(g)剣山頂上
頂上にはロッジがありうどんや蕎麦が食べる事が出来ます
f0005733_226274.jpg

(h)ヒメフウロ
ピンクの花が目立ちます
f0005733_226928.jpg

(i)ヒメフウロ
f0005733_2261553.jpg

(j)ホソバノヤマハハコ
風が強い荒れ地に固まって咲いていました
f0005733_2262138.jpg

(k)タカネオトギリ
黄色い花が目に付きます
f0005733_2262852.jpg

(l)一の森頂上
二の森を経て一の森へ
ここにもロッジがあります
f0005733_2263398.jpg

(m)シコクブシ
一の森から北側の道を通って下山しました
もう少し早ければたくさんの花を見ることが出来たでしょう
殆んどが種になっていました
f0005733_2263920.jpg

(n)シコクブシ
f0005733_2264674.jpg

(o)シコクブシ
f0005733_2265237.jpg

(p)紅葉もあと少し
平地ではまだ暑くて汗ばむ気候なのに
日中でもかなり寒くて
全山紅葉ももうすぐでしょうね~♪
f0005733_22658100.jpg

(q)ハガクレツリフネ
夏に石鎚山へ出かけたときにも
沢山咲いていました
今頃まだ咲いているのですね
f0005733_227485.jpg

(r)ハガクレツリフネ
下山途中の登山口に近いところで
たくさん花を見ました
f0005733_2271076.jpg

今回の登山ではいろいろ勉強させてもらいました。山は甘く見ると事故に繋がるな~と納得しました。次回から万全の用意をして行こうと思います。まあ、荷物は主人のリュックに入れて行きますので私の荷物は変わらずカメラのみですが(^^ゞ・・・。
[PR]
by iberis2005 | 2006-10-13 22:48 | 登山

霊峰登山

標高1982メートルで四国の屋根であり西日本最高峰の石鎚山は愛媛県西条市と久万高原町の間に位置していて、山岳信仰(修験道)の山として知られています。国道11号を松山方面へ車で走る度に南に聳え立つ石鎚山を「登りたいな~!」と、憧れの眼差しで見ていました。その念願がようやくかない初登山しました。
家を7時出発。国道11号を西へ加茂川大橋を左折し国道192号を南下。寒風山トンネルを抜けて暫く走り県道40号を登山口の土小屋まで。
駐車場に着いたのが9時10分。既に多くの登山客が居て車を止める場所を見つけるのに一苦労しました。準備OK,さあ出発です。
殆どの荷物は相変わらず主人が背負ってくれました。私はカメラともう1個のレンズと三脚(アルミの軽い物)の入ったリュックのみ。足取り軽く山草を見つけては「パチリ!パチリ!」歩き始めて1時間、そろそろ足に疲れが出てきました。既に下山している人(前日からお泊り)も多くて「おはよう!こんにちは!」の挨拶が飛び交います。初めての山なのでここがどの位の位置なのか全然分らないので会う人ごとに「後どのくらいですか?」って聞くと「もう半分ですよ」の答えが何度もかえってきました。「フ~~!」。途中に標識があり後何キロと数字が出ているのですが最後の0.5キロのきつかったこと!!!一足の重かったこと!!!頂上に到着した時の感動は言葉に出来ません。「やった~~~!!!」。

(a)ヤマシグレの実?
f0005733_21474548.jpg

(b)ミソガワソウ
色々な虫たちが花から花へ
f0005733_20235874.jpg

(c)今の時期が真っ盛りであちこちで群生しています
f0005733_20232593.jpg

(d)ミソガワソウの群生
f0005733_20243857.jpg

(e)クロヅルの赤い実
f0005733_20252139.jpg

(f)ハガクレツリフネ
f0005733_202545100.jpg

(g)花の形が「キツリフネ」に良く似ています
f0005733_20255945.jpg

(h)タカネオトギリ
会いたかった花の一つ
鮮やかな黄色が良いでしょう
f0005733_20261942.jpg

(i)シベが個性的
f0005733_20263481.jpg

(j)トゲアザミ
f0005733_2027449.jpg

(k)ヤマアジサイ
f0005733_20283945.jpg

(l)オオマルバノテンニンソウ
まだ斜面には蕾が2,3センチの大群生が
花が一斉に咲くと見ごたえがあるでしょうね
f0005733_20275277.jpg

(m)ミヤマアキノキリンソウ
f0005733_20282276.jpg

(n)レイジンソウ
満開になったのを見たいな~
f0005733_20272737.jpg

(o)ナンゴククガイソウ
今回の登山の目的の一つはこの花に会いたかったから
f0005733_2029854.jpg

(p)思っていたより可憐
f0005733_20293046.jpg

(q)ナンゴククガイソウの群生
f0005733_20294910.jpg

(r)山岳信仰の山ですから多くの信者が登るので
登山道はよく整備されています
ですが・・・きつい・・・
半分以上がこんな感じです
f0005733_20301054.jpg

(s)ノリウツギ
この辺りはもう頂上付近
巻き道は鉄橋と木橋で完璧に整備されています
f0005733_20314319.jpg

(t)シモツケソウ
ピンクの可愛い花があちらこちらで目立ちます
写真が横ではないのです
こんな感じで横向きに咲いているのです
f0005733_20323681.jpg

(u)シコクフウロ
見つけたときは嬉しくて一人で騒いでしまいました
f0005733_22253230.jpg

(v)ツルギハナウド
f0005733_22254964.jpg

(w)天狗岳
恋焦がれて逢いに来ましたよ~
岩ばかりの山ですが上まで上がれます
私は・・・無理です
f0005733_20334163.jpg

(x)弥山(みせん)
頂上の石鎚神社をバックにパチリ
見ての通りラッシュです
この岩場でお弁当を食べました
私の目の前に天狗岳
f0005733_20551537.jpg

(y)下山する前に証拠写真を
う~ん!頭で字が見えない(ーー;)
f0005733_20522313.jpg


出発9:30~到着12:15 途中撮影時間を差し引くと・・・休憩時間も含めて2時間半程。初めてにしてはまずまずでした。
苦労して登ったわりにはちっとも痩せませんでした
家に帰りついてから早速ビール・・・美味しかった~(*^_^*)
次は何処へ・・・
 
[PR]
by iberis2005 | 2006-08-17 23:03 | 登山

赤星山

念願の登山デビューしました
頭の先からつま先までフル装備で9時20分出発
マイントピア別子、鹿森ダムを過ぎて
先日出かけた住友フォレスターを右に見て
我が家から別子花街道を1時間40分、距離にして約54キロ
中尾集落からガタガタ道をひた走り登山口に到着

(a)身支度をしてさあ、出発です
f0005733_23253365.jpg

(b)マムシグサ
あちこちで見かけました
見慣れると平気ですが不思議な形をしていますね
f0005733_232677.jpg

(c)ナルコユリ
平地で見るより色が濃くて小さめ
f0005733_23263290.jpg

(d)名前が分りません
花芯が黄色くてとっても可愛い
f0005733_23274875.jpg

(e)ホウチャクソウ
花は終わっていると思っていたらまだまだ蕾も多い
f0005733_23291051.jpg

(f)トキワハゼ
f0005733_23294128.jpg

(g)オカタツナミソウ
コバノタツナミソウと花の色は同じ
f0005733_2330529.jpg

(h)ツクバネウツギ
この木もあちこちで花盛りです
f0005733_23303653.jpg

(i)?
f0005733_2331155.jpg

(j)コガクウツギ
我が家の近くの低山でも良く見かけます
大好きな木の花です たまに出かけては頂いてきます
生けても水あげが良くて綺麗です
f0005733_23313327.jpg

(k)ナガエコナスビ?
野草図鑑で調べたのですが・・・
f0005733_23323466.jpg

(l)ミヤマハコベ
f0005733_23341698.jpg

(m)フタリシズカ
とっても会いたかった花の一つ
ヒトリシズカは早春の花 いつか会いに行きたいです
f0005733_23345234.jpg

(n)ギンリョウソウ?
初めてみました まだ蕾かな・・・
f0005733_23351648.jpg

(o)ホウチャクソウ?
(e)のホウチャクソウよりかなり葉が大きくて少し違うような・・・
f0005733_23354389.jpg

(p)シャクナゲ
もう終りかけていると思っていたのですが今年は少し遅れていたようです
まだ蕾も多くてこれからも楽しめそう
f0005733_2336863.jpg

(q)シャクナゲのトンネル
しばらく続きました 濃いピンクが可愛い♪
f0005733_23363719.jpg

(r)赤星山のシンボル 赤い★を祭っているそうです
f0005733_23373496.jpg

(s)頂上やっと到着です
一足先に到着してお弁当を食べていたおじさんに写していただきました
頂上には大きな樹木が無くて
お弁当を食べている間 太陽サンサンで暑かった~^_^;
f0005733_23375939.jpg

山のHPや本で頭でっかちになるほど下調べして登山初挑戦でした
歩き始めてすぐに下山して来られたご夫婦に出会い
「石楠花が綺麗ですよ 私達はそこでお弁当食べてきました」と教えてくれました
こういう情報は嬉しいですね
足取り軽く再び歩き始めましたがすぐに息が上がって
「来るんじゃなかった!」なんて思ったのもつかの間
あちこちで会いたかった花達が出迎えてくれて
カメラを覗くのに大忙しでした

石楠花の下で持参したキャンディーとクッキーを食べながら暫し休憩です
石楠花のトンネルを抜けるとすぐに
赤星山のシンボル 赤い★を祭っている所を過ぎるとまもなく頂上に到着です

赤星山・・・1453m
11時出発・・・・12時40分頂上
思っていたより早く到着しました
さて、次はどの山を征服しようかな~(*^_^*)

[PR]
by iberis2005 | 2006-06-14 00:06 | 登山